タクシー領収書の裏面広告を開始

12月より「紙の領収書も、経費精算も、限りなくゼロ」な社会を実現するためのメッセージを発信

クラウドサービス「Staple(ステイプル)」および法人プリペイドカード「Staple カード」を提供するクラウドキャスト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:星川 高志)は、2020年12月より順次、東京・神奈川のチェッカーキャブタクシー利用客が受け取る領収書の裏面を活用し、「紙の領収書も、経費精算も、限りなくゼロ」な社会を実現するためのメッセージを発信します。

■実施概要

・期間 :2020年12月~(ロールがなくなり次第終了)


・対象地域 :東京・神奈川


・対象タクシー:チェッカーキャブグループ


・配信協力:株式会社アスコン

クラウドキャスト株式会社 代表取締役 星川高志よりコメント

年末年始は、経費の締め日が普段より早まる傾向や、在宅勤務の中で経費申請のために出社せざるを得ない従業員、経理担当の方々の負担が大きくなることが予想されます。
今年10月に改正された電子帳簿保存法では、クレジットカードやICカードなどを用いたキャッシュレス決済について、紙の領収書を扱わず経費精算できるようになりました。これにより、会社支給のICカードやコーポレートカードを用いた経費精算はペーパーレス化が進むことが期待される一方で、セキュリティ上の懸念や与信審査による枚数制限から、なかなか活用が進んでいない現状もあります。実際、多くの企業では、現在も経費を従業員が立て替えし、領収書を伝票に貼付けして経理部に提出、経理部ではそのデータを稟議承認と照合、従業員に払い戻した後には7年間、領収書を保存するというフローを実施しているのではないでしょうか。

そこでクラウドキャストは今回、「紙の領収書も、経費精算も、限りなくゼロ」を実現して日本の働き方を変えるための一歩として、”あえて”紙の領収書を通して、企業で働く皆さんへ、そしてその領収書を受け取る経理担当の皆さんへメッセージを届けることにしました。

また、クラウドキャストは、場所に依存しない「モバイルワーク」という働き方が広がる中で、タクシーを降りた瞬間に経費精算が完了している世界を体験していただきたいと考えています。

QRコードをスマートフォンで読み取ると、法人プリペイドカード「Staple カード」がよくわかる漫画コンテンツもご覧いただけます。ぜひ、タクシーを降りた後に、領収書の裏面を覗いてみてください。

チェッカーキャブ無線協同組合 ご担当者様よりコメント

近年のITの進歩の流れはタクシー業界でも顕著であり、今やアプリでタクシーを呼ぶことやPayアプリで料金を支払うのが当たり前の風景となりました。

しかし、タクシーの領収書は紙でのお渡しが主流です。立替した紙の領収書は紛失したり、お財布が膨らんでご不便を感じることも多いと思います。そんな方は、ぜひ領収書の裏側も覗いてみてください。

■法人プリペイドカード一体型経費精算サービス「Staple (ステイプル)」とは

Staple (ステイプル)は、従業員による立替や、経費精算作業そのものを限りなくゼロに近づけることを実現する経費精算サービスです。スマートフォンアプリやブラウザより簡単にレシートや領収書画像を添付することで、自動的にAI OCRによるデータ化とスキャナ保存の法的要件※に必要なタイムスタンプが付されます。
数人〜数千人での利用も可能とする拡張性を有し、さまざまな要件に柔軟に対応します。「グッドデザイン賞」を受賞した洗練されたインターフェイスは多くのユーザーから支持を得ており、サービス利用継続率は99%以上、特にスマートフォンアプリでの操作感は業界随一を誇ります。 機能追加の度に課せられるオプション料金もなく、また申請数に依存しない料金体系は、高いコストパフォーマンスを実現します。

STAPLE WITH GOOD DESIGN

※【JIIMA認証取得について】

Staple (ステイプル)は、電子帳簿保存法におけるスキャナ保存の法的要件を満たしていることを認証する制度である「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証 (令和元年改正法令基準)」を取得しています。

■法人プリペイドカード「Staple カード」とは

Staple カードは、交通費や会議費、交際費、出張時のチケット購入や宿泊費等だけでなく、インターネットでのお支払いなど、国内外のVisa加盟店で利用いただけます。「Staple」との一体化により、リアルタイムチャージや、利用履歴の経費レポート化、チャージリクエスト、ロック機能など、PCやスマートフォンアプリから、安心・安全・便利に利用いただけます。

【代表プロフィール】

星川 高志(ほしかわ たかし) 
クラウドキャスト株式会社 代表取締役

DEC(現HP)とMicrosoftではエンジニアリング側で、新規サポート事業、モバイル開発部門立ち上げ等幅広く経験後、2006年より米国本社直属のSQLサーバー開発部門を統括。その後、2009年に青山大学大学院ビジネススクール (MBA) 在学中にクラウドキャストを創業、2011年に法人化。英国留学経験含め、人生2度の寄り道を経て今に至る。2015年より一般社団法人Fintech協会理事に就任 (2019年任期満了にて退任)

【クラウドキャスト株式会社について】

クラウドキャスト株式会社は、法人キャッシュレスを推進するキャッシュレス・ソリューション・カンパニーです。法人プリペイドカード一体型経費精算サービス「Staple (ステイプル)」により、従業員とのお金のやり取りをシンプルにします。私たちのミッションは「Power to the Crowds」、既存の枠組みにとらわれない新しい発想で世界を変革する「個」を応援することです。

<受賞履歴>

「グッドデザイン賞」受賞(2017年10月)
Plug and Play Japanプログラム採択(2018年11月)
「すごいベンチャー100」有望ベンチャーとして掲載(2019年8月24日号週刊東洋経済)
「Japan Financial Innovation Award 2020(JFIA2020)」スタートアップ賞およびカテゴリ優秀賞を受賞(2020年3月)

【クラウドキャストの会社概要】
会社名:クラウドキャスト株式会社
代 表 者:代表取締役 星川 高志
本社:東京都千代田区大手町1−6−1 大手町ビル4階 FINOLAB
設立年月日:2011年1月
加盟団体: 一般社団法人Fintech協会、一般社団法人キャッシュレス推進協議会

Comments are closed.