Member-Profile-Image

Jeremy

エンジニアリング マネージャー

2016 年入社

クラウドキャストに入社されたきっかけをお聞かせください。

これまで住んだことのない国で、アーリー ステージのスタートアップに参画することは、私がずっと挑戦したかったことの一つでした。 決して若いというわけでもなく、かといってベテランという年代でもなかったので、私の人生において完璧なタイミングで挑戦することができたと思っています。クラウドキャストの革新的な製品とフレンドリーなチームは、私の判断が正しいものであったと、確信させてくれました。

クラウドキャストの働く環境としての魅力についてお聞かせください。

クラウドキャストの組織は非常にフラットです。 従業員の自発性と自律性を重視していて、チーム メンバーは、日々実行するタスクと勤務時間を自由に組み立てることができます。午前11時から午後3時までは全員が業務にあたるコアタイムですが、それ以外の時間は各自に任されています。 早い時間から働くのが好きな人もいれば、遅い時間まで働くのが好きな人もいます。この自由さが魅力です。

リモートワーク中心の環境で働く上で、チームの同僚やマネージャーとはどのようにコミュニケーションしていますか?

クラウドキャストは、オンラインで利用する製品を開発しており、新型コロナウイルス感染症が拡がる前から、私たちのチームの働き方や利用するツールは、オンライン ファーストで考えられていました。日常のコミュニケーションのほとんどは、ビジネスチャットアプリやオンライン会議を通じて行っていますが、よりスムーズにブレインストーミングや交流するために、オフィスで会うこともよくあります。

お客様にご満足いただける製品や機能をリリースできるように、常に全員で学び、変化し、適応する必要があります。

クラウドキャストには、従業員のフレキシブルな働き方を後押しする様々な制度がありますが、どのように活用されていますか?

従業員の誰もが、自身が好むワークスタイルがあります。完全なリモートワーク、オフィスに出社しての業務、またはそれらを組み合わせたハイブリッドなスタイルなどがありますが、自身の好むワークスタイルを実現できています。2020 年に新型コロナウイルス感染症が拡がった際、特に大きな問題もなく、全員が完全なリモートワークに切り替えることができました。 しかし、時が経つにつれて、顔と顔を合わせた人間関係がモチベーションを保ち、良い環境を保つのに役立つことも分かってきましたので、よりよいワークスタイルを実践したいと思っています。

スタートアップ企業で働くことの魅力について教えてください。

スタートアップで働く最大の魅力は「学習量」だと思います。お客様にご満足いただける製品や機能をリリースできるように、常に全員で学び、変化し、適応する必要があります。つまり、退屈するという瞬間がまったくありません!  大きな企業ではなく、いわば人と同じサイズと感じられるようなスタートアップ企業で働くことのもう 1 つの利点は、チームメンバー全員が近くにいて、常にお互いをサポートしていると感じられることです。その結果、日々 ベストを尽くすことができているという気持ちになることができます。