Stapleでもっと自由に

未来のルーティンと働き方を学ぶ一日へ

クラウドキャスト株式会社(本社:東京千代田区、代表取締役:星川高志、以下クラウドキャスト)は、株式会社ROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:清久 健也、以下ROBOT PAYMENT)が立ち上げた「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトの一環として、経理・精算業務のDX化促進の結果、企業の生産性が向上したケーススタディを発信するオンラインイベント「日本の経理をもっと自由にカンファレンス2020」第2部に登壇致します。

経理をもっと自由にカンファレンス2020_バナー 

このカンファレンスには、経理や精算業務改革に向けたサービスを提供している10社が登壇。企業の働き方・業務改革の最前線で得た成功事例から、未来のルーティンと働き方を解説して参ります。また、「電子帳簿保存法」「インボイス制度」「2025年の崖」など、企業を取り巻く環境が大きく変化している現状を取り混ぜながら、今後のデジタル化・ペーパーレス化の展望についてもディスカッション致します。

■カンファレンス概要

  • 名称  :経理をもっと自由にカンファレンス2020

  • 日時  :2020/10/22(木) 10:00-17:40

  • 登壇企業:

 株式会社ROBOT PAYMENT

 株式会社インフォマート

 株式会社ネットプロテクションズ

 株式会社オービックビジネスコンサルタント

 株式会社アール・アンド・エー・シー

 クラウドキャスト株式会社

 株式会社ワークスアプリケーションズ

 株式会社スタディスト

 株式会社ヤプリ

 株式会社データ・ファー・イースト社

  • 参加費 :無料

■お申込みは以下URLより

https://www.robotpayment.co.jp/keiri_liberty/conference1022/

■プログラム

<第1部>

○10:10-10:20 開演・挨拶「日本の経理をもっと自由に」プロジェクト活動報告

○10:20-11:00 パネルディスカッション「導入前後でなにが変わった?生産性は向上した!?経理のテレワーク実施企業ぶっちゃけ座談会」

○11:00-12:15 各社講演

株式会社ROBOT PAYMENT /株式会社インフォマート/株式会社ネットプロテクションズ

<第2部>

○13:00-13:40 パネルディスカッション

「『電子帳簿保存法』『インボイス制度』『2025年の崖』の衝撃。いま経理は何を求められているのか?」

○13:40-15:20 参加企業講演

株式会社オービックビジネスコンサルタント/株式会社アール・アンド・エー・シー/

クラウドキャスト株式会社/株式会社ワークスアプリケーションズ

<第3部>

○15:40-16:20 パネルディスカッション

「企業にとって貢献度の高い経理とは?~経営側から見た、必要とされる経理と、必要とされない経理~」

○16:20-17:35 各社講演

株式会社スタディスト/株式会社ヤプリ/株式会社データ・ファー・イースト社

 

ご参考:「日本の経理をもっと自由に」プロジェクト概要


「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトは、経理の新しい働き方を実現すべく、賛同企業50社と共に、2020年7月2日に立ち上げたプロジェクトです

10月1日に施行された「改正電子帳簿保存法」は、企業における紙ベースの文書保存の要件が緩和され、よりペーパーレスな経理業務が可能になります。推定184万人の経理担当者が「請求書は電子化すべき」と考えている(※1)一方で、請求書電子化システムの普及率は34%に留まっています。(※2)そこで、プロジェクトの第1弾として、「#さよなら紙の請求書」を掲げ、請求書電子化システムの普及率50%以上を目標に「紙の請求書の電子化」を推進してきました。ステークホルダーを巻き込んだ啓蒙啓発活動の結果、現在109社の企業にご賛同いただいています。

(2020年9月30日時点)

プロジェクトサイト

https://robotpayment.co.jp/keiri_liberty/

プロジェクトSNS

https://twitter.com/nihonnokeiri

プロジェクト公式Youtubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UC7vIUExpoF29ZrWjo2pFXew

署名サイト

http://chng.it/bWfxnbnphX

 

(※1)経理1000人に聞いた緊急事態宣言下における働き方と電子化推進に関するアンケート調査(ROBOTPAYMENT調べ)

(※2)現職の経理担当者の方500名に行った「経理業務効率化のためにしていること」のアンケート(経理プラス編集部調べ)

 

クラウドキャストの会社概要

クラウドキャストは創業以来、テクノロジーとデザインの力で社会のキャッシュレス化の実現を掲げて参りました。その過程で着目されたのが「非効率の塊(かたまり)」といわれる企業と従業員間の煩雑な経費精算業務です。これが経費精算サービス「Staple」が誕生した由来です。私たちはこれからも「Staple」を通じて、従来の経費精算を変革し、企業活動の主役である「個」のパフォーマンスを最大化することを応援して参ります。

製品案内

会社名:クラウドキャスト株式会社

代 表 者:代表取締役 星川 高志

本社:東京都千代田区大手町1−6−1 大手町ビル4階 FINOLAB

設立年月日:2011年1月

加盟団体: 一般社団法人Fintech協会、一般社団法人キャッシュレス推進協議会

URL: https://crowdcast.jp

■本件に関するお問い合わせ先

Email:pr@crowdcast.jp

寄り道理論

先日、約10年前に通っていた青山学院大学ビジネススクール (ABS) にて登壇させていただきました。アルムナイ主催「第一回ビジネスプランコンテスト最終発表会」のキーノートということで少し恐縮しながらでしたが。少し時間がたちましたが、スライドの一部を公開します。

内容は「寄り道理論」です。

人生サイクル

人生にはそれぞれのサイクルがあり、大きくは以下の3つの線が描けます。直線でもあり、曲線でもあり。

  1. 体力
  2. 景気
  3. 経験/知識/ネットワーク

まず最初の体力に関して、これは重力と同じで、普通の人は歳と共に落ちていきます。20代の頃は朝まで飲んで、翌朝仕事をバリバリこなしてました。ただ、40代になるとそうはいきませんよね。稀に重力に逆らえる人がいますが、それはそれ相応のトレーニング等(?)をされている方ではないでしょうか。

2つ目の景気に対して、ここは自分たちでコントロールできないですが、10〜15年の景気サイクルはある程度予想できます。2020年の東京オリンピック後の日本は誰も予想できません。また日本経済はすでにグローバルで密につながっています。その理由で、今後数年は時間が経過するほどボラティリティ (不確実性) が高くなるということです。

3つ目の経験/知識/ネットワーク曲線ですが、これが唯一自分たちでコントロールできるものではないでしょうか。

そして、忘れてはいけないのは、時間。時間の進み方はすべての人に平等ですが、時間の使い方は人それぞれです。

人生の寄り道の大切さ

それぞれのタイミングで皆さんも何か新しい大きなことを始めるわけですが、私の場合はそのきっかけとして「寄り道」があります。準備期間とも言えます。一つ目の寄り道がLondon生活で、2つ目の寄り道がMBAということになります。

人生の寄り道をしたことでいろいろな「人」と出会い、影響を受け、今まで慣れた環境を自ら変えてLeapしていくことができる一つの方法だと思います。

私が1994年にインターネットに興味を持ったのも、フランスの友人宅でMinitelに出会ったことだったりします。流石に当日会場でこの端末のことは知っている人はいなかったと記憶してます。
MinitelThe Minitel was a videotex online service accessible through telephone lines, and was the world’s most successful…en.wikipedia.org

振り返ると、私の場合の20代〜30代前半は環境依存でした。外資系IT企業という環境で、会社員として、与えられた役割の中で仕事をバリバリこなしてました。特にMicrosoft時代はベンチャーとして急成長していたBillG時代と、世の中で有名になって大企業化したバルマー時代の両方を経験したことは貴重な体験でした。

仕事優先で10年以上走っていると、嬉しい事、悲しい事、本当にいろいろな人生の転機があります。実際は同時に起こる事ではないですが、少しづつ環境が変化し、影響します。2度目の寄り道であるMBA生活を通して落ち着いて自分の考えをまとめました。結果的に、これらが起業家として次の10年〜15年の道を決めるきっかけとなっています。

その後の30代後半から40代は、環境依存だけでなく、自分の人生も経路依存性が出てきます。起業してからも本当にいろいろなすごい「人」に出会いました。少なからず、それらの方から影響され、勉強させていただけるのは本当にありがたいことです。

個人としての次の目標

最後に、次の10年〜15年の目標を語り話は終了しました。なんとなく今思い描いていることは、日本の教育に関わることです。

分野としては、これまで関わっているマネー教育キャッシュレス教育に興味があります。日本は欧米に比べてお金に関するリテラシーが遅れています。ここは学校以外での学ぶ仕組みが必要と考えています。

2つ目に起業家育成です。これまでの起業家としての実際の経験を活かし、世の中に還元する事です。これまで日本で多くの投資家と話しましたが、実際の起業経験者が欧米と比べ極端に少なく、さらに本質的にテクノロジーも理解している人が少ないことを危惧しています。

私の50代はテクノロジーを重視した投資家サイドに入り、次世代の技術系起業家を育て、日本のグローバル競争力向上に少なからず貢献する事です。あと3年ほどですが、これは必ず実現させます。
人生の寄り道が転機に。 大手外資企業を飛び出しフィンテックベンチャーを立ち上げた経緯とは。 | moyale(モヤール)私は、某大手IT企業で営業をしている。大手企業に入って、分かったことがある。 それは、新卒採用時に頻繁にプレゼンされていたvisionやmissionは実際の現場では、ほぼ意識されていないというリアルだ。…moyale.jp