Staple カード発表

本日、法人キャッシュレス推進を実現する「Staple カード」をVISA本社 (東京丸の内) にて発表させていただきました。
記者発表では、弊社より「Stapleカード」の概要説明と新たにリニューアルしたモバイルアプリ等の製品デモを実施させて頂きました。その後、Kyash 鷹取さんより決済プラットフォーム「Kyash Direct」の説明、VISA クラーク保坂さんを交えて「法人プリペイドカード市場への展望と期待」をテーマにパネルディスカッションを行いました。

Stapleカードは欧米で急成長している (例: 米BREXや欧Pleo等のユニコーン)、日本初となるシステム一体型、法人プリペイドカードとなります。これにより、弊社の製品ビジョンである「従業員とのお金のやり取りをシンプルに」を実現します。

本製品は約2年の開発期間を経て製品化を実現しました。その間 2018年4月に発表した実証実験、ソフトウェアのUI/UXだけでなく限度額等考慮したエンドユーザーの使い勝手と、本人/法人確認 (KYC/KYB) プロセスやセキュリティ強化を終えてのリリースとなります。

私自身、Fintech協会やキャッシュレス推進協議会の活動を通して日本のキャッシュレス推進に関わっており、モメンタム育成には一定の成果が上がってきました。しかしながら、その多くは個人向けを中心に議論されております。我々の提案は法人キャッシュレス推進です。
主役である従業員、スタッフ含めすべての企業内個人がキャッシュレス (+ペーパーレス) を推進しないことには日本の生産性、働き方改革は進みません。

いつでも、どこでも、誰でも。安心、便利に使える法人カード。

本製品は、国際ブランドのVISA社、その間にカード発行から決済プロセシング機能までをAPI連携によりワンストップで提供するKyash社とのパートナーシップにより実現しました。

VISAブランドがつくことで国内外5,000万店舗以上のVISA加盟店で「いつでも、どこでも」を実現

  • プリペイド (前払い) なので、与信問題が構造的になくなり「誰でも」を実現
  • そしてKyash Directが提供する不正検知、リアルタイムのチャージ/通知、万が一紛失/盗難した場合のリモートロック等の仕組みで「安心、便利」を実現

詳しくは、以下弊社とKyash社からのプレスリリースをご覧いただければと思います。弊社一社では実現しないこともあり、様々な関係者に協力していただきました。チームメンバーやパートナーの皆様には感謝です。引き続きよろしくお願い致します。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000003611.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000020416.html