寄り道理論

先日、約10年前に通っていた青山学院大学ビジネススクール (ABS) にて登壇させていただきました。アルムナイ主催「第一回ビジネスプランコンテスト最終発表会」のキーノートということで少し恐縮しながらでしたが。少し時間がたちましたが、スライドの一部を公開します。

内容は「寄り道理論」です。

人生サイクル

人生にはそれぞれのサイクルがあり、大きくは以下の3つの線が描けます。直線でもあり、曲線でもあり。

  1. 体力
  2. 景気
  3. 経験/知識/ネットワーク

まず最初の体力に関して、これは重力と同じで、普通の人は歳と共に落ちていきます。20代の頃は朝まで飲んで、翌朝仕事をバリバリこなしてました。ただ、40代になるとそうはいきませんよね。稀に重力に逆らえる人がいますが、それはそれ相応のトレーニング等(?)をされている方ではないでしょうか。

2つ目の景気に対して、ここは自分たちでコントロールできないですが、10〜15年の景気サイクルはある程度予想できます。2020年の東京オリンピック後の日本は誰も予想できません。また日本経済はすでにグローバルで密につながっています。その理由で、今後数年は時間が経過するほどボラティリティ (不確実性) が高くなるということです。

3つ目の経験/知識/ネットワーク曲線ですが、これが唯一自分たちでコントロールできるものではないでしょうか。

そして、忘れてはいけないのは、時間。時間の進み方はすべての人に平等ですが、時間の使い方は人それぞれです。

人生の寄り道の大切さ

それぞれのタイミングで皆さんも何か新しい大きなことを始めるわけですが、私の場合はそのきっかけとして「寄り道」があります。準備期間とも言えます。一つ目の寄り道がLondon生活で、2つ目の寄り道がMBAということになります。

人生の寄り道をしたことでいろいろな「人」と出会い、影響を受け、今まで慣れた環境を自ら変えてLeapしていくことができる一つの方法だと思います。

私が1994年にインターネットに興味を持ったのも、フランスの友人宅でMinitelに出会ったことだったりします。流石に当日会場でこの端末のことは知っている人はいなかったと記憶してます。
MinitelThe Minitel was a videotex online service accessible through telephone lines, and was the world’s most successful…en.wikipedia.org

振り返ると、私の場合の20代〜30代前半は環境依存でした。外資系IT企業という環境で、会社員として、与えられた役割の中で仕事をバリバリこなしてました。特にMicrosoft時代はベンチャーとして急成長していたBillG時代と、世の中で有名になって大企業化したバルマー時代の両方を経験したことは貴重な体験でした。

仕事優先で10年以上走っていると、嬉しい事、悲しい事、本当にいろいろな人生の転機があります。実際は同時に起こる事ではないですが、少しづつ環境が変化し、影響します。2度目の寄り道であるMBA生活を通して落ち着いて自分の考えをまとめました。結果的に、これらが起業家として次の10年〜15年の道を決めるきっかけとなっています。

その後の30代後半から40代は、環境依存だけでなく、自分の人生も経路依存性が出てきます。起業してからも本当にいろいろなすごい「人」に出会いました。少なからず、それらの方から影響され、勉強させていただけるのは本当にありがたいことです。

個人としての次の目標

最後に、次の10年〜15年の目標を語り話は終了しました。なんとなく今思い描いていることは、日本の教育に関わることです。

分野としては、これまで関わっているマネー教育キャッシュレス教育に興味があります。日本は欧米に比べてお金に関するリテラシーが遅れています。ここは学校以外での学ぶ仕組みが必要と考えています。

2つ目に起業家育成です。これまでの起業家としての実際の経験を活かし、世の中に還元する事です。これまで日本で多くの投資家と話しましたが、実際の起業経験者が欧米と比べ極端に少なく、さらに本質的にテクノロジーも理解している人が少ないことを危惧しています。

私の50代はテクノロジーを重視した投資家サイドに入り、次世代の技術系起業家を育て、日本のグローバル競争力向上に少なからず貢献する事です。あと3年ほどですが、これは必ず実現させます。
人生の寄り道が転機に。 大手外資企業を飛び出しフィンテックベンチャーを立ち上げた経緯とは。 | moyale(モヤール)私は、某大手IT企業で営業をしている。大手企業に入って、分かったことがある。 それは、新卒採用時に頻繁にプレゼンされていたvisionやmissionは実際の現場では、ほぼ意識されていないというリアルだ。…moyale.jp