credit_saison_HP
, ,

Partnership with Credit SAISON

本日、弊社よりクレディセゾンのFinTech特化CVCであるセゾン・ベンチャーズ、および既存株主であるIMJ…
Intro
,

43

今週、43の誕生日を迎えました。去年同様、1年ぶりに今感じていることを書き残しておきます。 人生2度目の寄り道から7年 寄り道の場所であったビジネススクール在学中に独立し約7年、その時産まれた息子も小学1年生となりました。当時の日本はまだ景気が悪く、周りの90%の人が起業に反対し心のどこかでうまくいくはずがないと思っていたのだと思います。 その時の自分は子供たちのおかげで、逆に大きなパワーが湧き今の会社を立ち上げ「Power…
11222804_414850018725507_780584804241034913_n
,

第一回よくわかる数字の見方・経費精算ではたらき方をカイゼンセミナーを開催しました。

/
7月9日に開催された会社設立サービスを展開する株式会社ファーストステップと経費精算サービスStaple(ステイプル)によるコラボセミナーレポートです。
theSNACK_main4
,

起業、スタートアップで活用したい都内コワーキングスペース

これからビジネス・起業する人向け!都内のコワーキングスペースをまとめました。
techcrunch-logo-200x150
,

London FinTech Report 2014

/
ロンドンのFinTechシーンの今を伝える記事をTechCrunchさんに寄稿させていただきました。ロンドンは個人的に思入れが強い場所ですが、少しでも国内スタートアップシーンに貢献できればと思っています。 今回の出張にあたり、英国政府関係者、トーマツベンチャーサポートを始め、皆様のご協力ありがとうございました! 参考リンク http://techcrunch.com/2014/03/26/london-fintech-cluster/ http://www.accenture.com/Microsites/fsinsights/capital-markets-uk/ http://techcrunch.com/tag/fintech/ Business…
CrowdCastJP_logo
,

Partnership with Spendvision

この度、英国Spendvision社の日本法人との提携を発表しました。 日本法人の村上社長より最初に声をかけて頂いてから約2年、やっと本格的にご一緒できることが非常に光栄であり、嬉しいです。弊社は得意とするスマートフォンを中心としたフロントエンド側に特化し、バックエンド側のSpendvision社のシステムに連携します。 今回の提携により経費精算カテゴリーで、まずは国内エンタープライズ、その後東京からFinTechで一歩先を行くロンドン、そしてグローバルへの進出を加速します。1年前の弥生との提携に続き、私が理想とするベンチャーと大企業のパートナーシップ第二弾です。 Spendvision社はVISAや銀行が提供する経費管理システムとして実績があり、De…
yayoi_newLogo
, ,

Partnership with Yayoi

/
30年以上の長い歴史を持ち、業務ソフトの分野で圧倒的な市場シェアを持つ会社が、我々のような3年目のベンチャー企業に投資をしていただける事とても光栄です。2011年末のアプリコンテスト受賞時からの関係ですが、今回の提携に至る迄のプロセスを通して、岡本社長やスタッフの皆さんの考え方を共有でき、密度の濃いやり取りをさせていただきました。製品・サービス、及び既存のエコシステムに対して補完関係であること、起業家育成に対する共通の考え方など、規模は違いますが、顧客視点で双方に大きなシナジーがある提携となりました。 弊社のようなITベンチャーは、先攻投資が必要であるため、通常ベンチャーキャピタルからの出資を先に行います。しかし、最終的には経営者の判断です。弊社は結果的に事業会社からとなりましたが、これは短期的な投資回収ではなく、長期的な視点で顧客中心のシナジーを優先させたからです。 振り返ると、米国発のファイナンスでのITイノベーションが日本とアジアに拡大すると予想し、2009年にxNoteプロジェクトをスタートさせました。そして、最初のiPhoneアプリをその年に公開しました。それが今のbizNoteの原型であり、自分たちがほしいものを、実際に使いながら製品開発を行ってきました。スタートから三年半、時間はかかりましたが周りに支えられながらここまで来れたこと、嬉しく思います。 とはいえ、まだ道半ばです。創業時に立てた企業理念を再度思い出しながら、勇敢で誠実で謙虚に、ビジネスを大きく発展させたいと思います。この経験はユニークで次世代に貢献できると思うので、国内の起業家育成にこれ迄以上に力を入れたいと考えています。 起業家としてはまだまだ未熟ですが、今後ともご支援宜しくお願い致します。 (提携の中味に関しては、プレスリリースやメディア記事をご覧下さい。) We’re…