43

今週、43の誕生日を迎えました。去年同様、1年ぶりに今感じていることを書き残しておきます。

人生2度目の寄り道から7年

寄り道の場所であったビジネススクール在学中に独立し約7年、その時産まれた息子も小学1年生となりました。当時の日本はまだ景気が悪く、周りの90%の人が起業に反対し心のどこかでうまくいくはずがないと思っていたのだと思います。

その時の自分は子供たちのおかげで、逆に大きなパワーが湧き今の会社を立ち上げ「Power to the Crowds」というMissionのもと、険しい道を夜一人で懐中電灯を持って歩き始めたわけです。それが、そのうち自転車になり、バイクになり、今は仲間を乗せて軽自動車で走っている感覚です。その仲間たちと寄り道の場所である青山で出会い、今弊社の取締役として活躍しているなんて、本当凄いことです。

Intro

人生のPath-dependency

人生にも経路依存性があるというのが私の考えですが、その当時の選択は今は間違っていなかったと自信があります。そのまま寄り道をせずに挑戦してなければ、きっと違う43を迎えていたと思います。会社員としての立場と経営者という立場、大企業とスタートアップ、言うのと実際にやるのは全く違う世界です。

さらに、テクノロジー側からスタートしたキャリアは今は頭の中でビジネス側の脳と超高速で会話をし、90%以上の人が見えないものがあります。感覚的にアートに近いですが、見えない人にはしょせん説明してもわからない世界があり、ここに起業家としての価値があるのだと思います。

1から10への過程と社会への恩返し

ゼロから1を創り、今は自分より優秀な仲間たちを信じ事業を10倍にしている過程ですが、周りのおかげで着実に次のステップに進むことができています。そして、法人化して5年になる今、できることから少しずつ周りに恩返ししたいと考えております。

事業面では製品Stapleをスタートアップ、NPO、学生起業家に無償提供します。また、理事として参加させて頂いている一般社団法人FinTech協会を通して、育ててもらった日本のエコシステムに貢献したいという思いが強くなっています。

FinTechに関しては、当事者側と周りでは見え方が違うと思いますが、やっと国内でキャズムを超えた感覚です。アーリーアダプターからマジョリティフェーズに入り、これからが勝負です。幕末同様、英国を始め外部から多くを学び東京オリンピックが開催される2020年までにアジアで#1を取れる資産がここにはあります。